正直、この7話だけは何がしたかったのかよくわかりませんでした。

不二子と五ェ門の関係性の更新だけ? 「今作の五ェ門はまだ『巨大なもの』を斬ってなかったから、ミサイルを斬らせよう!」という目的で作られたような話に見えました。

終末時計とかなつかしいネタを出してましたが、話がイマイチで。

政治話がわかりにくかったということではなく、時系列がよくわからないまま場面が切り替わるので、つながりがわかりにくかったです。

あと、ラストの五ェ門と不二子の会話があいまいすぎて不明。

退屈だったので、結局1回しか見ませんでした。そのため今回は簡単な感想だけ。

LUPIN the Third -峰不二子という女- 第7話「音楽と革命」感想

敵対する2大国の思惑をよそに、小国カリーブで独裁者を倒し国連で演説をもくろむ革命家・フィラデル・ケスト(声:東地宏樹さん)。

ところが国連に向かうフィラデルと不二子の乗った飛行機を、旧体制の残党がハイジャック。

2大国の緊張が高まる中ミサイルが発射され、あわや戦端の火蓋が切られるかと思いきや、飛行機の上に立つ五ェ門登場(笑)。

見事ミサイルを斬り捨て、戦争を回避。不二子とフィラデルはハイジャックされた飛行機から飛び降りて、五ェ門の元へ。

なんだかこう書くと「なるほど」と納得しそうですが、変なんですよ。ここの絵面。

五ェ門のスーパーマンぶりは今更だから、飛行機の上に風圧も気にせず直立不動でも気にしません(笑)。でもミサイルを斬り捨てたときの、五ェ門が乗ってた飛行機の動きが現実離れしているというか(神作画という意味ではありません)。パイロットがすごいのか?

もうちょっとリアリティをもたせてほしいわけですよ。

五ェ門はいいとして、不二子とフィラデルの身体能力は普通のはず。パラシュートもなしに、手をつないで五ェ門機に飛び移りって…。作画も妙な感じで、「ないわー」とつぶやきました(笑)。

感情とマッチした動きなら、多少の物理法則の無視はアニメの嘘として認めますけどー。あれはないわー。

ちなみに今回の不二子の一応の目的はフィラデルの暗殺。ジャーナリストとして潜入した不二子はフィラデルからプリンセッサと呼ばれ、親しい仲になる。

フィラデルはたしかにかっこいい大人の男だったけれど、不二子と恋に落ちたというわけでもなかったし、この話が何を描きたかったのか私には不明でした。

今回の五ェ門でいらっときた点。

五ェ門:暗殺は仕事ではない
男:では、なんだ?
五ェ門:修行だ
男:うっ

「お金受け取るなら修行気分で仕事を引き受けるな!!」と言いたい。ギャグとして笑うところなのだろうけど、ちょっとイラっとしました。

それからラストのビーチでの不二子と五ェ門との会話。結局、油田はあったのか、なかったのか、どっち? フィラデルの言い方だと、どっちにもとれました。

隠し油田の座標は、あのビーチを指していた。ここまではOKですよね。

  • 1.隠し油田はない。ダミーとしてフィラデルお気に入りのビーチの座標使用
  • 2.隠し油田はある。その場所はフィラデルお気に入りのビーチだったから隠蔽した
  • 3.隠し油田はある。しかしカリーブの将来に役立てるため、ダミー座標としてフィラデルお気に入りの(以下略)

このどれかだと思うのですが、1回見ただけではどれかわかりませんでした(笑)。

同様に不二子の今回の本当の目的も

  • 1.隠し油田
  • 2.隠し油田。ただしフィラデルお気に入りのいいビーチだから、あきらめた
  • 3.フィラデル暗殺。しかしフィラデルが気に入ったのでやめた

どれ!? たぶん「2」だと思うのですが、自信なし。

脚本の問題なのか、演出の問題なのか。今回の話は本当にすっきりしない謎だらけでした。別に隠すような事でもないと思うので、余計に意味不明。

今回の不二子の乳首ノルマは、ラストのビーチでのトップレスで達成。

不二子:ねえ、オイル塗ってくださる?

と、ブラをはずして五ェ門と視聴者を惑わすサービスシーンあり(笑)。日焼け跡もセクシー。冒頭にムチで打たれるシーンもありましたが、そっちの属性はないのでコメントはパス。

今回の舞台は、南米好きの山本沙代監督で南米になったのかな? とも思いましたが、話の方はイマイチで残念でした。

タイトルの「音楽と革命」も微妙で。革命はいいとして、音楽はそんなに話に絡んでなかったし。

ここまでの話の中では、個人的に一番残念な話でしたよ。

LUPIN the Third -峰不二子という女-関連記事

  1. LUPIN the Third -峰不二子という女-(アニメージュ2012年7月号)
  2. LUPIN the Third -峰不二子という女-(ニュータイプ2012年7月号)
  3. LUPIN the Third -峰不二子という女- スタッフ・声優・主題歌・全話タイトル

LUPIN the Third -峰不二子という女-各話感想

  1. LUPIN the Third -峰不二子という女- 1話「大泥棒VS女怪盗」
  2. LUPIN the Third -峰不二子という女- 2話「.357マグナム」
  3. LUPIN the Third -峰不二子という女- 3話「淑女とサムライ」
  4. LUPIN the Third -峰不二子という女- 4話「歌に生き、恋に生き」
  5. LUPIN the Third -峰不二子という女- 5話「血濡れた三角」
  6. LUPIN the Third -峰不二子という女- 6話「愛の牢獄」
  7. LUPIN the Third -峰不二子という女- 7話「音楽と革命」
  8. LUPIN the Third -峰不二子という女- 8話「命日」
  9. LUPIN the Third -峰不二子という女- 9話「湯けむり慕情」

山本沙代監督関連記事

  1. ミチコとハッチン(アニメーションノート)
  2. ミチコとハッチン(季刊S)
  3. ミチコとハッチン スタッフ・声優・主題歌・全話タイトル

ミチコとハッチン感想

山本沙代監督のアニメ「ミチコとハッチン」の各話感想は以下からどうぞ。ざっくり気味ですが全話の感想書いてます。

  1. ミチコとハッチン 1話「さらばだ! 非情のパラダイス」2話「掟破りのブラウンシュガー」感想

アニメ「ルパン三世」関連記事

  1. 「ルパン三世アニメ全歴史 完全版」感想
  2. 「ルパン三世アニメ全歴史 決定版」感想
  3. 「大塚康生 ルパン三世 作画集」感想
  4. アニメ「ルパン三世」(第1シリーズ)スタッフ・声優・主題歌・全話タイトル
  5. アニメ「ルパン三世」(第2シリーズ)スタッフ・声優・主題歌・全話タイトル
  6. アニメ「ルパン三世PartIII」スタッフ・声優・主題歌・全話タイトル